本文へ移動
飲む
マスカット
オブ
アレキサンドリアの酢
誕生ストーリー
誕生ストーリーで使用している写真の多くは、酢ムリヱ®が撮影したものです

このブドウを選んだ理由は?

このブドウは、世界三大美女の一人として名高いクレオパトラが、こよなく愛してやまなかったと言われる果物です。
 
酢でその美味しさを表現してみようと思いました。
クレオパトラを魅了した
マスカット・オブ・アレキサンドリアとは?
 
「ブドウの女王」「陸の真珠」と呼ばれることもあり、一粒一粒が翡翠を連想させるような妖艶な光りを放つように見えることがあると言われる、高級品種のブドウの一つです。
名前の由来・香りの秘密
 
クレオパトラの住む古代エジプトの首都アレキサンドリアで栽培されたことから、マスカット・オブ・アレキサンドリアと名付けられました。
 
マスカット(Muscat)のスペルはムスク(Musk)からきています。
香水でもお馴染みのムスクは、日本語で 麝香(じゃこう)。
 
高貴な香りと愛され“マスクメロン”のマスクも同じ語源です。

産地の決め手は?

「心地の良い爽やかな酸味を持つマスカットのデザートビネガーをお客様にお届けしたい」
 
そのためには、酸味のあるブドウ果汁が最適だと、私たちは判断しています。
その味わいは、食べるには酸味が強すぎるのですが、酢にするためには理想的な酸味となります。
そんなマスカット・オブ・アレキサンドリアを栽培してくれる農場を探し求めていました。

オススメの飲み方

水割りがオススメ
高貴で繊細で優しい香りをお楽しみいただけます
ノンアルコールのデザートワイン感覚でお楽しみください
スムージーにも
自然なブドウの甘さを酢が優しく引き立てます
爽やかな飲み心地をお楽しみいただけます

美味しいお召し上がり方

クロワッサンにつけて
 
バターをたっぷり使ったクロワッサンに
酢の酸味を加えることで、爽やかな味わいになります
サラダ感覚でお召し上がりいただけます
ヨーグルトにかけて
 
酸味があるもの同士を組み合わせると、味のバランスが整い相性が良く、美味しさを引き立てます
TOPへ戻る