本文へ移動
飲む
彩りフルーツとにんじんの酢
誕生ストーリー

どうやってお酢ができるの?

酢の原料は酢もろみ(酒)です。

酢もろみ(酒)に酢酸菌を働かせると酢酸発酵が進み、酢ができます。

酢もろみ(酒)の原料は糖分です。

糖分に酵母を働かせるとアルコール発酵が進み、酢もろみ(酒)ができます。

繰り返しますと、酢の原料は酢もろみ(酒)であり、酢もろみ(酒)の原料は糖分のため、酢の原料はひとくちに言うと「糖分」と表現することもできます。

にんじん酢と数種のフルーツの掛け合わせ

人参は茹でると甘くなります。

この商品は、北海道産の人参をゆで、その糖分を酵母を働かせ、人参ワインを造り、それをさらに発酵させて、人参の酢を造りました。

 

酸味はまろやかで、よくハンバーグのそばに付け合わせで出てくるような人参の甘い美味しさに優しい酸味が表現され、ぶどうやりんご、オレンジなどの彩りの華やかなフルーツと合わせいます。特に、人参はオレンジととても相性の良い味を作ります。

この商品は、新しい日本橋タカシマヤに華やかさと健康感をお客様に楽しんでいただけるような思いを込めて醸造した人参の酢の美味しさをデザートビネガーで表現しました。

おすすめの飲み方

お水割り

にんじん由来の優しい酸味を楽しんでいただく飲み方してオススメです。

豆乳割り
野菜ジュースと豆乳の味のよいところを集めて飲んでいるような美味しさにびっくりしていただけます。
誕生ストーリーで使用している使い方の写真は、酢ムリヱ®が撮影したものです
Copyright(c) OAKSHEART Co., Ltd. All Rights Reserved.
TOPへ戻る