本文へ移動
飲む
プレミアム八朔の酢
誕生ストーリー
この誕生ストーリーで使用している写真の多くは、カメラマンが酢ムリヱ®に同行し撮影しています

8月1日発売に込めた思い

「八朔」について調べてみると、「八朔」は陰暦の「八月朔日」の略で、8月1日ごろには食べられるという言い伝えから名付けられたという定説があることが分かりました。「朔日」は、「一日」を意味する言葉です。

農家では八月朔日にその年の新穀を日ごろお世話になっている人に贈って祝った風習があったと言われています。そこで、実りの秋の豊作を祈念したいと思い、飲むプレミアム八朔の酢を作ることにいたしました。

 

また、8月1日は徳川家康が江戸城に入城した日とも言われています。

ジューシーな甘さと酸味がある八朔の味わい

八月朔日に合わせて販売を開始する飲むプレミアム八朔の酢は、八朔らしい香りと甘酸っぱさをお楽しみいただけます。飲む酢デザートビネガーに仕上がった八朔の酢の味がどのような味か、是非ご体験くださいませ。

また、昔の8月1日は今でいうプレゼントをする祝日だったのではないかとも、私流に理解をしています。そんな8月に寄せる思いを胸に、暑い夏を乗り越えるため、リフレッシュ感を与える飲む酢デザートビネガーをお手土産やプレゼント用にご利用いただくのもおすすめです。

おすすめの飲み方

4倍の量の水や炭酸水で割ってお飲みいただくのがおすすめです。

原液のままサラダにオリーブオイルと一緒にかけて黒胡椒をふってお召し上がりいただくのもおすすめです。

この誕生ストーリーで使用している写真の多くは、カメラマンが酢ムリヱ®に同行し撮影しています
 
Copyright(c) OAKSHEART Co., Ltd. All Rights Reserved.
TOPへ戻る