本文へ移動
飲む
カルダモンの酢
誕生ストーリー
ごくごく飲める、新しいタイプの飲む酢誕生
従来、みなさまにデザート感覚で酢を楽しんでいただけるように、と果実らしい甘酸っぱさにこだわった商品を作ってまいりました。今回は、新しく料理用としても使える酸味で、炭酸水と割るだけでごくごくと飲むことのできる商品を作りたいと思い、開発いたしました。
そんな思いを実現させることが出来たのが、カルダモンの味わいです。飲むカルダモンの酢は甘さ控えめですが、香りが爽やかなためごくごくと飲むことができるようになりました。通常、料理用の酢を薄めると酢そのものの特徴が分かりやすくなります。酸味の刺激は弱まりますが、酢独特の発酵に由来する香りやきゅっと酸っぱい後を引くような酸味は薄めるほどに薄まるということはなかなかありません。

 
 
清涼感ある味わいを支えるスピリッツビネガー使用
爽やかにお飲みいただきたいと思い、ベースに使う酢にも工夫をし、スピリッツビネガーを使用することに致しました。使用しているスピリッツビネガーは、ぶどう果汁をアルコール発酵させてできたワインを更に蒸留してできた蒸留酒を酢酸発酵させたものです。酢もろみとなるワインの製造後に蒸留工程を入れることにより、薄めたときにも酢独特の発酵臭が出にくく、すっきりとしたクセのない味を持っています。そんなスピリッツビネガーを使用してみると、より一層爽やかな香りが引き立つようになりました。
料理にもお使いいただきやすい酸度
飲むカルダモンの酢の酸度は多く流通している穀物酢とほぼ同等の酸味を持っています。その酸度のものをただ炭酸水で薄めるだけでごくごく飲めるというのは、想像するのが難しいかもしれません。是非店頭で試飲をしていただければと思います。また、他の料理用の酢と同程度の酸度のため、原液のまますっきりとした味の料理を作りたいという時にご利用いただくのもおすすめです。
おすすめの飲み方、使い方
飲用には11倍の量の炭酸水で薄めてお飲みいただくのがおすすめです。(12倍希釈商品となります。)
希釈した飲む酢・アロマビネガー・カルダモンの酢コップ一杯(180ml)で果実酢として約8mlお召し上がりいただくことができます。
すっきりとした香りと酸味があるため、サラダのドレッシングにご利用いただくのもおすすめです。
 
 
誕生ストーリーで使用している写真の多くは、酢ムリヱ®が撮影したものです
Copyright(c) OAKSHEART Co., Ltd. All Rights Reserved.
TOPへ戻る