本文へ移動
飲むブランデービネガー・XO(コニャック)
誕生ストーリー
誕生ストーリーで使用している使い方の写真は、酢ムリヱ®が撮影したものです
 

なぜ飲むブランデービネガー・XO(コニャック)を作ったのか

これまで毎年5月頃にブランデーを発酵させて造った飲むブランデービネガー・XOを季節限定で販売していましたが、今年はブランデーの最高峰とも言われるグランドシャンパーニュ地区で生産されたコニャックを使用し、その美味しさをさらにアップグレードいたしました。
従来の飲むブランデービネガー・XOは重厚感のある風味でしたが、今回はフルーティでフローラルともいえる香りを持つ柔らかな味わいに仕上がっています。

酢は、「酒」から「作る」と書いて酢と読みます。英語のvinegarも「ワイン」が「酸っぱくなった」という語源からできています。つまり、酢の原料は酒ということが言えます。
私は香りの良い酢を作るために、まず大事なことは酢に適した酒を作ることとして、数々の酢に発酵するための酒作りをしてきました。「自社で原料作りをする。」これが、私が酢作りをスタートした原点でした。
ある時、どのお酒が世界で最高だろうか?という議論になった時、それはブランデーではないか?という話題になり、では最高の原料から酢を作ろうと考えて、世界中に知られる有名ブランドのフランス産ブランデーXOを酢に発酵させ、飲むブランデービネガー・XOを発売して参りました。

 

このブランデービネガーを発酵させる時に、ブランデーについて色々勉強しました。すると、実はワインと違ってブランデーは酸っぱいぶどうから美味しいブランデーが出来るということがわかりました。
酢と全く同じなのです。酢もブランデーと同様に、酸っぱいぶどうから爽やかな酸味を持つワインビネガーが生まれます。
また、ブランデー作りに最も良いと言われるブランデー用の葡萄が作られている土地「グランドシャンパーニュ」がフランスのコニャック地域にあるということを聞きました。「グランドシャンパーニュ」はコニャック地域のほんの4%程度にしか過ぎない土地です。私は、この土地の葡萄で、この土地で蒸留したブランデーの最高規格と言われるXO品質のブランデーから酢を造りたいと考えました。

Jacques DENISさんとの出会い

私どもはお酒を販売する免許を持っていません。そのため、酢に発酵させることを目的とするブランデーを作ってくれる人を探さなければなりませんでした。飲むためのブランデーを作るのではなく、酢に発酵させるためのグランドシャンパーニュの葡萄を使用したブランデーを作って欲しい!この依頼を出しても笑われるだけで最初は誰も相手にしてくれませんでした。しかし、何度もコニャックを訪問し、酢造りの話をして、日本では酢は飲み物になったんです、と説得をしました。
数年が経ち、ある日協力しても良いと言ってくれる人が現れました。

Jacques DENIS(ジャック・ドゥニ)さんは、このグランド・シャンパーニュ地区に40ヘクタールもの葡萄畑を持ちコニャックを生産しています。1975年から1995年までグランド・シャンパーニュ組合会長、コニャック地方生産者連盟会長、コニャック国立専門職務庁(BNIC)常設委員会メンバー、原産地呼称統制全国連合(CNAOC)地域代表、コニャックストレージ組織(GIDECO)会長を務められていた、Jack Denisさんの醸造所で今回原料とする酢ムリエコニャックを作ってもらうことができました。

グランド・シャンパーニュ地区

粘土-石灰岩の土壌に特徴付けられるコニャック最高のテロワールと言われる、グランドシャンパーニュ地区。そのエリアは前述の通り、コニャック生産地域全体のわずか4%程度にすぎません。グランドシャンパーニュ地区では、繊細さ軽やかさを持ち、フローラルなアロマに満ち溢れた最高峰のコニャックが生み出されます。夕日がとてもきれいな所でした。

 

酢を造るための「酢ムリエコニャック」の完成

写真のボトルはJacques Denisさんと一緒に酢に発酵させることを目的として、グランドシャンパーニュの風土を大切にして蒸留して作っていただいた15年熟成を保証された「コニャック・グランドシャンパーニュ」と言えるブランデーです。酢ムリエロゴも入れました。

「酢ムリエコニャック」が出来るまで

使用されている葡萄の品種は、ユニブランです。
葡萄果汁をアルコール発酵させ、それを丁寧に2回蒸留します。
次にバリック(barrique)と呼ばれる400Lの小型のオーク樽を使用して熟成させます。そして15年以上熟成されたことの保証がされているものが酢ムリエコニャック用に瓶詰めされました。

酢ムリエコニャックは、グランド・シャンパーニュ地区独特の至上の繊細さと軽やかさ、フローラルなアロマを持つ品質になっています。

それを飲むブランデービネガー・XO(コニャック)の醸造元である内堀醸造の工場で開けて、酢に発酵させました。

コニャックを使用してリニューアルした飲むブランデービネガー・XO(コニャック)の香りと柔らかな味わいを是非お試しください。

 

おすすめの飲み方

オンザロックでゆっくりとその香りを味わいながらお飲みいただくのがおすすめです。
また、4倍の量の炭酸水で薄めても美味しくお飲みいただけます。

 
 
誕生ストーリーで使用している使い方の写真は、酢ムリヱ®が撮影したものです
Copyright(c) OAKSHEART Co., Ltd. All Rights Reserved.
TOPへ戻る