本文へ移動
飲む
りんご(王林)の酢
誕生ストーリー
この誕生ストーリーで使用している写真の一部は、酢ムリヱ®が撮影したものです。
「飲むりんご(王林)の酢」が生まれた理由
りんごというと、まず赤いりんごを想像される方が多いかと思います。しかし、青りんごでもみずみずしいりんごの味わいを美味しく楽しむことができます。
そんな青りんごを使用し、飲むだけでりんごの味わいが口の中一杯に広がるような飲むりんごの酢を作りたい思いました。
中でも青森県を訪れると、その青森県産王林のみずみずしさに惹かれ、青森県産の王林を飲むりんごの酢の原料とすることにいたしました。
飲むりんご(王林)の酢の特徴
「王林」はりんごの中の王様という意味を込めて命名されたと言われています。
王林の穏やかな酸味とりんごらしい濃厚な甘味、香りをバランスよく調和させ、どなたにも好まれる味わいに仕上げてみました。
王林の香りと味わいを引き上げる、すももの果実酢
 
飲むりんご(王林)の酢には、アサンブラージュの手法(目的とする香りや味わいを引き上げるためのブレンド技術)を採用し、すももの果実酢をブレンドしています。
おすすめの飲み方、お召し上がり方
4倍の量の水や炭酸水で薄めてお飲みいただくのがおすすめです。
まるでもぎたてのりんごを絞ったような、みずみずしい優しい味と香りをお楽しみください。
レモンやミントを入れていただいても爽やかにお飲みいただけます。
 
また、牛乳で10倍に割っていただき、コーンフレークと一緒にお召し上がりいただくのもおすすめです。
この誕生ストーリーで使用している写真の一部は、酢ムリヱ®が撮影したものです。
Copyright(c) OAKSHEART Co., Ltd. All Rights Reserved.
TOPへ戻る