本文へ移動
飲むバナナの酢
誕生ストーリー
 
誕生ストーリーで使用している写真の多くは、酢ムリヱ®が撮影したものです
 

なぜバナナの酢を作ったのか?

以前からバナナの酢が欲しいというお声を多くいただいていました。酢の専門店として多くの皆様に馴染みのあるフルーツからは、是非全て酢を造りたいと思い、デザートビネガー飲むバナナの酢を開発いたしました。

バナナと聞くと、「7(ラッキーセブン)」が思い浮かびます。バナナを酢にすることは縁起が良いのではないかとも思い、バナナ果汁を発酵させてみたところ、香料無しでも十分にバナナの香りを引き上げてくれるバナナの果実酢が出来上がりました。そのバナナの果実酢にバナナ果汁やオレンジの果実酢、オレンジ果汁などをアサンブラージュ(果実の味わいを引き上げるためのブレンド技術)の手法で合わせデザートビネガーに仕上げています。

また、バナナには疲れも吹き飛ばすような、食べ物のパワーを感じる味わいがあると思います。これから気温が高くなってくる季節に、是非バナナの香りと味わいをお楽しみください。

なぜバナナの酢を作ったのか?

酢の原料は酢もろみ(酒)です。酢もろみ(酒)に酢酸菌を働かせると酢酸発酵が進み、酢ができます。

酢もろみ(酒)の原料は糖分です。糖分に酵母を働かせるとアルコール発酵が進み、酢もろみ(酒)ができます。
繰り返しますと、酢の原料は酢もろみ(酒)であり、酢もろみ(酒)の原料は糖分のため、酢の原料はひとくちに言うと「糖分」と表現することもできます。つまり甘みのあるものからは、様々な酢を造ることができるのです。
バナナは糖分(甘み)を持っているため、まずバナナ果汁からバナナワインを造り、バナナの果実酢を造っていきます。
そうして生まれたバナナの果実酢は、デザートビネガー飲むバナナの酢のバナナらしい味わいを引き上げてくれます。

おすすめの飲み方

4倍の量の水で薄めますと、すっきりとしたバナナの味わいをお楽しみいただけます。

牛乳との相性も非常に良く、4倍の量の牛乳で薄めますと、酢が入っていることを忘れさせるほどバナナらしい味わいがより一層前面に出てきますため、まるでバナナミルクのような感覚でお飲みいただくことができます。

 飲む酢デザートビネガーオンラインショップ
飲む酢・デザートビネガーオンラインショップでは、定番商品・季節のおすすめ商品を販売しております。
誕生ストーリーで使用してい写真の多くは、酢ムリヱ®が撮影したものです
Copyright(c) OAKSHEART Co., Ltd. All Rights Reserved.
TOPへ戻る