本文へ移動
飲む
瀬戸内レモンの酢
誕生ストーリー
誕生ストーリーで使用している使い方の写真は、酢ムリヱ®が撮影したものです
 

作った理由は?

瀬戸内レモンは、日本の風土が生み出した味わいを持っています。
そのため、果実酢に発酵させると、すっきりとした爽やかな酸味の果実酢が誕生しました。
レモンから生まれた酢のすっきりとした味わいは、炭酸水で薄めてお飲みいただくのがおすすめです。

レモン由来のクエン酸と酢酸が織り成すジューシーな酸味

レモンの美味しさの由来はクエン酸です。そのレモン果汁からレモンの果実酢を造りますと、そこに酢酸の美味しさが加わります。酢酸は酢の成分のため、とてもすっぱいもののようにイメージされる方が多いと思いますが、実はクエン酸よりも酢酸の方が、人の味覚には甘味を感じやすいものなのです。酢にはツンとくる揮発性の刺激があるため、わかりにくいかもしれませんが、この果実酢由来の柔らかな甘味を感じることで、飲む瀬戸内レモンの酢のジューシーさが生まれてきます。

飲む瀬戸内レモンの酢の生産量について

2018年夏の災害の影響により、十分な量の瀬戸内レモン果汁を入手することが難しくなってきています。そのため、現在は少量ずつの生産となりますことをどうかご容赦くださいますようお願い申し上げます。

おすすめの飲み方、お召し上がり方

水や炭酸水5倍に薄めてお飲みいただく他、水で10倍に薄めてビネガーウォーターとして食事と一緒にお楽しみいただくのもおすすめです。
また、オリーブオイルと1:1で酢混ぜ合わせ、サラダドレッシングとしてもお使いいただけます。
炭酸水で5倍に薄めて
水で10倍に薄めて
ビネガーウォーターとして
 
 
誕生ストーリーで使用している使い方の写真は、酢ムリヱ®が撮影したものです
Copyright(c) OAKSHEART Co., Ltd. All Rights Reserved.
TOPへ戻る