本文へ移動
飲む
シャルドネ(白葡萄)の酢
誕生ストーリー
誕生ストーリーで使用している使い方の写真は、酢ムリヱ®が撮影したものです
 

作った理由は?

シャルドネは世界で白ワイン用として多く栽培され、愛されている葡萄の品種です。そして、シャルドネからは幅広い料理のジャンルに合わせやすい白ワインができると言われています。シャルドネの香りや味は派手過ぎず、地味過ぎず、個性的な特長を持っている訳ではありませんが、程よい美味しさがあります。それ故に好みが分かれにくく、世界中で好まれています。

そんなシャルドネから飲む酢を作ることが出来れば、ノンアルコール白ワインの感覚でどなたに飲んいただいても、ご満足いただけるものが作れるのではないかと思い、開発いたしました。

オーストラリアの広大な大地が育んだシャルドネ

本品に使用しているシャルドネは主にオーストラリアで栽培されたものです。産地を訪れると、そこには地平線も見えるほど広大な葡萄畑が広がっていました。生産者の方の葡萄作りにかける思いは熱いものがありました。その生産者の方のご協力を得て、広大な敷地にある一部のシャルドネをオークスハート社専用として、良い香りとワイン向けには少し酸味が強過ぎるぐらいの味わいがある時に特別に収穫・搾汁していただいています。
酢に発酵して美味しく感じる葡萄果汁の仕上げは、ワイン用の葡萄果汁の搾り方そのものとは違いがあるのです。

こうして出来た飲むシャルドネの酢は、酸味と甘みのバランスが良く、薄めずそのままオン・ザ・ロックの感覚で、原液をそのまま少しずつ口に含むように味わう飲み方や、他のデザートビネガーと同様に水や炭酸水で5倍に薄めたり、水や炭酸水で10倍ぐらいに薄めてビネガーウォーターとして料理と一緒にお飲みいただくのもおすすめです。どのような割合で割って頂いても味のバランスは全く乱れません。まさに自由自在の飲み方が可能です。

おすすめの飲み方

炭酸水やオン・ザ・ロックでお飲みいただく他、水で10倍に薄めて、ビネガーウォーターとして食事と一緒にお飲みいただくのもおすすめです。
また、酢ムリエの一押しは、炭酸水にほんの少し香り付け程度の飲むシャルドネの酢を入れて飲む楽しみ方でございます。
炭酸水で5倍に薄めて
ノンアルコールスパークリング気分で
オン・ザ・ロックで
しっかりとした葡萄の甘味と酸味を感じて
 
 
誕生ストーリーで使用している使い方の写真は、酢ムリヱ®が撮影したものです
Copyright(c) OAKSHEART Co., Ltd. All Rights Reserved.
TOPへ戻る