本文へ移動
飲む
カシス&ローズヒップの酢
誕生ストーリー

なぜ作ろうと思ったのか?

 

バラから酢を醸造したいと思ったのがきっかけです。

従来の発想では、酢にバラの花びらを浸して作るハーブビネガーの方法が一般的です。

しかし、バラの中でも野バラには実があり、その野バラの実(ローズヒップ)の搾り汁を入手できることになりました。

これでようやく、バラから酢が醸造できるようになった!と喜び勇んで酢に醸造しました。

 

カシスとの組み合わせ
 
ローズヒップを酢にすると、従来にはない風味は表現できましたが、少しぽってりとした酸味に仕上がりました。そこでピンときたのがカシスの酢です。
カシスの酢は、ほんのりとした渋みとほのかな苦味を持っていますが、後味にはキレのある爽やかさがあります。
 
ローズヒップとカシスの酢の相性はよく、組み合わせることにより「深みがあって爽やか!」というバランスの良い味わいを生み出すことができます。ローズヒップの酢の美味しさがさらに膨らみました。

 

美味しい飲み方

お湯割り
ルイボスティー割り
誕生ストーリーで使用している使い方の写真は、酢ムリヱ®が撮影したものです
TOPへ戻る