本文へ移動
飲む
冬の柑橘の酢シリーズ
誕生ストーリー
誕生ストーリーで使用している写真の多くは、酢ムリヱ®が撮影したものです

「柚子(ゆず)」、「橙(だいだい)」、「直七(なおしち)」の3種類は特に人気の高い冬の柑橘です

例年「柚子の飲む酢デザートビネガー」を冬の柑橘の酢として紹介して参りましたが、2017年の冬に飲む酢弁財天の橙(だいだい)が登場したことを機に、今年は人気の3種類を一堂に準備いたしました。

 

それは香りと酸味にその特長がよく現れています。

柚子
直七(田熊すだち)

飲むゆずの酢の特長

柚子の酢は、柚子独特の香りを持ち、日本は元より海外でも今や「YUZU」で通用するほど人気があります。酸味もしっかりしていますので、メリハリのある味わいです。

飲む橙の酢の特長

(だいだい)の酢は、穏やかな香りを持ち、すっきりとした優しい酸味を持っています。それでいて、ジューシーな柑橘特有の爽やかさを感じる事ができるので、万人に好まれる味わいです。

飲む直七の酢の特長

直七(田熊すだち)の酢は、柚子のような個性のある香りではありませんが、クセのない澄んだ綺麗な香りを放ちます。酸味は爽快です。

通常多く出回っているすだちと比較すると、直七(田熊すだち)は優しくてスッキリとした酸味を持っています。

冬の柑橘の酢 販売予定

柚子の酢の発売に続き、10月5日より順次、橙(だいだい)の酢、直七(田熊すだち)の酢も発売されます。

是非3種類の柑橘の酢をその日の気分に応じて使い分けてお楽しみください。

美味しい飲み方

例えば、朝は穏やかな酸味を持つ橙(だいだい)の酢の水割りで1日をスタート。お昼や、お風呂上がりにジューシーな酸味を楽しむ直七(田熊すだち)の酢をどうぞ。

夜は、柚子の酢を焼酎やハイボールに入れたり、炭酸割りでノンアルコールのスパークリングワインのような感覚で楽しむなど、飲み方にルールはありません。

3つの柑橘の酢の、酸味の特長を好みに合わせてお使いください。

水割り
炭酸割り
お湯割り

美味しいお召し上がり方

ブリーチーズにかけて
チーズと柑橘の酢はよく合います
ブルーチーズにかけて
チーズと柑橘の酢はよく合います
お魚にかけて
野菜炒めにかけて
お肉にかけて
TOPへ戻る