本文へ移動
飲む
ふじりんごの酢
誕生ストーリー
この誕生ストーリーで使用している写真の一部は、酢ムリヱ®が撮影したものです。
りんごは美の象徴と言われることが多いフルーツです。また、りんごは健康に良いと言われることの多いフルーツです。
原材料は内堀醸造のアルプス工場がある長野県ふじりんごの果汁を使用しました。好みの分かれない、どなたにもお飲みいただきやすいフレッシュな香りと味わいです。
「飲むふじりんごの酢」が生まれた理由
もぎたてのふじりんごの持つみずみずしい美味しさを、酢で表現したかったからです。
飲むふじりんごの酢の特徴
ともと「ふじりんご」は富士山にちなんで命名されたと言われています。
そこで甘味、酸味、香りの3つの味わいをバランスよく調和させて、富士山のような均整のとれた万人に好まれる味に仕上げてみました。
産地と醸造所
 
ふじりんごの畑も、醸造する工場も同じ長野県です。
左の写真は、長野県飯島町にある内堀醸造のアルプス工場です。
美味しさの秘密:香りを支えるオークの存在
 
ふじりんごの酢の仕上げにオークの樽を利用します。
オークの香りは、ふじりんごの酢の風味を支え、決して目立つことなく爽やかな味わいへと導いてくれます。
オークの樽をたずねて~アメリカ~
 
オークの木はこちらです。
酢は酸が強いため、酢に合ったアメリカンオークを採用しています。
おすすめの飲み方、お召し上がり方
水割り
4倍の量の水で薄めてお飲みいただくのがおすすめです。
まるでもぎたてのりんごを絞ったような、みずみずしい優しい味と香りをお楽しみいただけます。
原液のままりんごにかけて
りんごに命を与えるお召し上がり方です。
この誕生ストーリーで使用している写真の一部は、酢ムリヱ®が撮影したものです。
Copyright(c) OAKSHEART Co., Ltd. All Rights Reserved.
TOPへ戻る