本文へ移動
飲む
秋のシークヮーサーの酢
誕生ストーリー
誕生ストーリーで使用している写真の多くは、酢ムリヱ®が撮影したものです

シークヮーサーを選んだ理由は?

沖縄県の昔ながらの食生活は、長寿につながると言われています。
その中でも、沖縄の伝統果物であるシークヮーサーから酢を造りたかったからです。
シークヮーサーの名前の由来
 
沖縄方言で「シー」は「酸」または「酢」、「クヮーサー」は「食べていただくもの」あるいは「加える」を表し、シークヮーサーは「酸を食べていただくもの」「酢を加えるもの」を表します。
由来は芭蕉布を織り上げた際に、そのままでは固い布をシークヮーサーの果汁で洗浄し柔らかくしたことにあると言われております
シークヮーサーの種類
 

変異種があるため非常にたくさんの種類がありますが、

「カーアチー」という品種をなるべく多く使用して仕込んでいます。

 

カーアチーはの品種に比べ、苦みがより強く、香りが華やかだからです。

産地について
 

カーアチーの品種を求めて探し回っておりましたところ、海風のあたる沖縄県の勝山という場所にたどりつくことができました。

秋と夏のシークヮーサーの酢の違い

 

私たち人間は、気温の変化と同時に酸味の感じ方も変わると言われています。

秋になり気温が下がっても、夏のシークヮーサーと同じように美味しく感じていただけるように開発しました。

右の写真は、シークヮーサーの酢の原料となるシークヮーサーワイン造る発酵の様子です。

オススメの飲み方

炭酸割りがオススメ
苦みがあるので炭酸割りがおすすめです
焼酎・ウィスキーに
特に焼酎のサワーは最高です

美味しいお召し上がり方

サラダにかけて
 
ほのかなシークヮーサーの苦みがサラダにおすすめです
ゴーヤサラダとの相性も良いです
TOPへ戻る